投資・副業・節約でFIREを目指す

米国ETF・米国株、日本株、iDeCo、つみたてNISA、投資信託のポートフォリオ・運用成績を公開しています

スマホ代の平均を知る

 

~簡単な自己紹介~

  • 30歳と29歳の夫婦、猫3匹。
  • 夫婦の手取り年収は540万円ほど。
  • 金融資産は1,340万円ほど。
  • iDeCo、つみたてNISA、投資信託日本株、米国ETF・株を運用中。
  • 毎月10万円以上を投資に回しています。

結論

  • スマホ代の月額平均は約6,000円ほど

スマホ代の平均

気になるスマホ代の平均値は様々なところで数字が公表されています。

調査やサイトによって数字が異なり、いまいちどれが正しいのかわかりません。。。

 

家計調査 家計収支編

政府が行う家計調査があり、これが一番信憑性が高い気がします。

家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 年報 年次 2021年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

これによると、令和3年の二人以上世帯だと通信費は月13,285円のようです。

これを2で割ると

  • 6,652円

になります。

 

ただ、通信費という科目だと、固定電話やインターネット回線、モバイルWi-Fiも含まれているはずです。

そう考えるともう少し安くなっても良いような気がするので、別のサイトも調べてみました。

 

ソニー生命

スマートフォンに関する意識・実態調査2019 | ソニー生命保険

このサイトによると、

とのことです。

 

2019年の調査なので、少しデータとしては古いかと思います。

ただ、政府の家計調査の「6,652円」と大きな乖離はないので、とりあえずこのサイトでは「6,000円」を平均値としておきます。

 

3大キャリアと格安SIMスマホ代の比較

先ほども紹介した「スマートフォンに関する意識・実態調査2019 | ソニー生命保険」には、3大キャリア/格安SIMそれぞれのスマホ代平均値の調査結果も公表されています。

 

結果は下記のようです。

  • 3大キャリア:7,516円
  • 格安SIM:2,830円

 

格安SIMの平均値が低すぎる気がしますが。。。

なんにせよ、3大キャリアの金額が高いことがわかります。

ちなみに私はエキサイトモバイルを使っていて、毎月1,700円くらいです。

 

まとめ

格安SIMはとにかく安い!!

節約は固定費の見直しからはじめると良いのですが、固定費の中でもスマホ代は簡単に見直せる項目です。

 

とはいえ、ITや機械に疎い方がいたり、興味はあるけど面倒だったりよくわからない。。。という方も多くいると思います。

本当はそういった方のサポートをするような副業もしたいんですけどね~。