投資・副業・節約でFIREを目指す

米国ETF・米国株、日本株、iDeCo、つみたてNISA、投資信託のポートフォリオ・運用成績を公開しています

家計簿・スマホ代 ~2022年7月

~簡単な自己紹介~

  • 30歳と29歳の夫婦、猫3匹。
  • 夫婦の手取り年収は540万円ほど。
  • 金融資産は1,340万円ほど。
  • iDeCo、つみたてNISA、投資信託日本株、米国ETF・株を運用中。
  • 毎月10万円以上を投資に回しています。
  • 当面の目標は配当金毎月1万円と老後2,000万円の貯金。

 

2022年7月までのスマホ代の記録です。

 

前提として一般平均のスマホ代は6,000円としています。

夫婦二人なので、×2で12,000円を平均としています。

 

この平均値の根拠については、過去記事の↓をご参照ください。

odaneko-fire.hatenablog.com

スマホ代の記録

 

一般平均の12,000円の約半分ほどに収めることができています。

できたら4,500円ほどに収めたいところです。

とはいえ、7月で12か月平均値が7,000円を下回ってくれたことがうれしいです。

 

私→Exciteモバイル

  • Exciteモバイル
  • Fitプラン / 音声通話機能付きSIM
  • 完全在宅勤務
  • 外ではあまりスマホを使わない

 

以前は楽天モバイルを使っていたのですが、自宅から一歩も移動していないのに圏外になったり戻ったりを繰り返し、不安定さがありました。

普段はLINE通話なのでWi-Fiにつながっていれば何も困りませんが、企業に勤めていると時折電話が必要なことがあります。

必要な時に電話ができないのは困るので、2022年4月から完全在宅勤務の会社に転職したのをきっかけに、さらに節約の徹底もかねてExciteモバイルに乗り換えました。

 

Exciteモバイルの良いところは

  • 安い!
  • 通信料に応じて金額が自動で変動する
  • 通話代を半額にするアプリがある
  • 複数枚のSIMを契約できる

この4点です。

 

複数枚のSIMが契約できるところを利用してiPad用のSIMも契約していたのですが、運用の見直し&節約でiPadのSIMを解約しました。

 

妻→UQ mobile

  • UQ mobile
  • くりこしプランM(V)
  • 外で仕事をしている
  • スマホ大好きなヘビーユーザー

 

通勤時間が長いスマホヘビーユーザーなため、格安SIMの中では若干値段が高いですが通信品質の高いUQ mobileを契約しています。

ただ、通信料プランがS、M、Lの3択しかなく、妻の使用量にぴったりなプランがないのが悩みの種です。

 

まとめ

現状のスマホ代はすでに平均値を圧倒的に下回っていますが、まだまだ下げられると思っています。

現在、他の格安SIMの会社のプランを調査しているので、そのうち記事にまとめたいと思います。

 

2022年7月の家計簿・スマホ代は以上になります。

お読みいただきありがとうございました。