投資・副業・節約でFIREを目指す

米国ETF・米国株、日本株、iDeCo、つみたてNISA、投資信託のポートフォリオ・運用成績を公開しています

家計簿・ガス代 ~2022年7月

~簡単な自己紹介~

  • 30歳と29歳の夫婦、猫3匹。
  • 夫婦の手取り年収は540万円ほど。
  • 金融資産は1,340万円ほど。
  • iDeCo、つみたてNISA、投資信託日本株、米国ETF・株を運用中。
  • 毎月10万円以上を投資に回しています。
  • 当面の目標は配当金毎月1万円と老後2,000万円の貯金。

 

2022年7月までのガス代の記録です。

 

前提として、一般平均の二人暮らし・プロパンガスのガス代は6,000円としています。

 

この平均値の根拠については、過去記事の↓をご参照ください。

odaneko-fire.hatenablog.com

 

最近、多くの方に読者になる・いいねボタンを押していただき、すごく励みになっています。

本当にありがとうございます!

 

ガス代の記録

ほぼ毎月平均値を上回っていますね。。。

そして12か月平均も右肩上がり。。。

資産や配当金もこの感じのグラフになってくれると嬉しいのですが(笑)

 

とはいえ、2022年4月から私が完全在宅勤務になり、節約に目覚めて以降は減少傾向にあります。

 

年別のガス代

 

しっかり平均値に従った動きをしていますね(笑)

非常にわかりやすいです。

しかし、常に平均値にプラス2,000円~3,000円ほどのガス代となっています。。。

こうやって数値とグラフで自分のガス代が高いことを再確認すると、悲しい気持ちになります。。。

 

夏場はお湯の温度を下げているので、夏場くらいは平均を下回ってくれていてほしいのですが現実は残酷でした。

なぜこんなにもガス代が高いのか、まったくと言っていいほど思い当たる節がありません。。。


まとめ

ガス代の高さは認識していたのでガス会社の乗り換えをしようと思ったのですが、私の住んでいるマンションは家賃とセットで引き落としされる形式で、住民個人でガス会社を変えることができないみたいです。

本当は楽天ガスに乗り換えたかったのですが。。。

 

固定費見直しの王道である供給会社を変更するという手段が取れなかったので、気合と根性で節約するしかなさそうです。

ガス代の節約がうまくいっている方がいらっしゃったら、節約法をご教示いただきたいです。

 

冬場はたくさんガスを使ってしまうと思うので、夏場が勝負です。

どこまで12か月平均を下げられるのか、自分との戦いです。

 

2022年7月までの家計簿・ガス代の記事は以上となります。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

最近、多くの方に読者になる・いいねボタンを押していただき、すごく励みになっています。

本当にありがとうございます!