投資・副業・節約でFIREを目指す

米国ETF・米国株、日本株、iDeCo、つみたてNISA、投資信託のポートフォリオ・運用成績を公開しています

iDeCo ポートフォリオ・運用成績 2022年7月(リテイク)

2022年7月のiDeCoポートフォリオ・運用成績です。

以前あげた記事を分割・統合・加筆した記事になります。

 

~簡単な自己紹介~

  • 30代夫婦、猫3匹。
  • 夫婦の手取り年収は540万円ほど。
  • 金融資産は1,340万円ほど。
  • iDeCo、つみたてNISA、投資信託日本株、米国ETF・株を運用中。
  • 毎月10万円以上を投資に回しています。

 

最近、多くの方に読者になる・いいねボタンを押していただき、すごく励みになっています。

本当にありがとうございます!

投資方針

昔は債権や日本株にも投資していましたが、今は米国か全世界の株式のみにしています。

再現性が高いと言われるインデックス銘柄をドル・コスト平均法で運用していきます。

時間を味方につけて、ほったらかしで勝手にお金が増えてくれることを願いながら運用しています。

7月に買った銘柄

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))

 

毎月20,000円で上記2銘柄に50%ずつ積み立てています。

若干の手数料?の171円が引かれて19,829円が積立額になります。

 

全米銘柄と全世界銘柄、どちらに投資するか投資家でも分かれているみたいです。

私は迷ったので半分ずつにしています。

運用成績

7月は久しぶりにプラスになってくれました。

とはいえ、単月での評価はあまり意味がないと考えており、12か月平均を重視しています。

12か月平均で見るとまだマイナスを推移しており、今までの負債を返せていない感じですね。

 

もともと、企業型確定拠出年金を運用しており、プラス20%くらいの好成績を残していました。

転職に伴い個人型に移管したとき、企業型での利益が確定となり、その時点の評価額分の商品を一気に購入しました。

そのため、ドル・コスト平均法が適用できていないのが痛いところです。

 

とはいえ、時間をかけて慣らしていけば、安定してくれると期待しています。

まとめ

7月はプラスで終わってくれました。

またマイナスに転じるんだろうなぁ。。。と思いつつも、インデックス銘柄をドル・コスト平均法で運用する場合はあまり動かない方が良いらしいので、特に何もせずに結果だけを見守り続けます。

 

最近、多くの方に読者になる・いいねボタンを押していただき、すごく励みになっています。

本当にありがとうございます!